高根沢町図書館/高根沢町史ほか

高根沢町史 通史編Ⅰ

第四編 近世

第一章 高根沢の近世

第二節 近世高根沢の村々

 喜連川丘陵地帯の中の谷底平野に位置し、北に下柏崎村、南に芳賀郡給部村が接している。近世当初宇都宮藩領であったが、その後天領から旗本領となり、元禄十年(一六九七)の「元禄の地方直し」として旗本伊沢家の知行所となって明治に至っている。石高は、百五十石、うち田百三石余、畑四十六石余(慶安郷帳)。百六十九石九斗六升三合(元禄郷帳)。百六十九石九斗六升三合(天保郷帳)であった。
 また、ここは四方に道路が通じている陸上交通の要地であった。