高根沢町図書館/高根沢町史ほか

高根沢町史 通史編Ⅰ

第四編 近世

第一章 高根沢の近世

第二節 近世高根沢の村々

 栗ケ島村、太田村の東に隣接し、井沼川流域に位置している。東には市の堀用水が流れている。当初は宇都宮藩領であったが、一橋領の成立でその領知となり、上高根沢村とともにそのまま一橋領として明治に至っている。
 石高は、二百十七石九斗三升九合、うち田百四十石余、畑七十七石余(慶安郷帳)、五百七十六石四斗三升八合(元禄郷帳)、五百八十五石一升二合(天保郷帳)であった。近世後期の入百姓仕法のなかで、浄土真宗徳明寺は文政六年(一八二三)の創建と伝えられている。