高根沢町図書館/高根沢町史ほか

高根沢町史 通史編Ⅰ

第四編 近世

第一章 高根沢の近世

第二節 近世高根沢の村々

 近世高根沢町の地域は、宇都宮藩領をはじめとする二十一か村から構成されていた。これら近世の村々の概略を知る手掛かりとしては、村明細帳が恰好の素材である。村明細帳は、転封など領主の交替時などに、新領主が村と村勢の状況を把握するために、村に作成を命じて提出させるものである。その内容は、石高から当時の村の状況、特に村の生産力、租税負担能力がこと細かに書き記されている。このような村明細帳は、作成時期も内容もまちまちではあるが、近世の個別村の特色を描きだしているといえよう。『高根沢町史 史料編Ⅱ近世』に収録された村明細帳は、近世高根沢の村々を知る有用な素材となる。
 近世の村明細帳以外に、明治五年(一八七二)に始まった明治政府による『皇国地誌』編さんのため、全国の戸長役場で作成された「地誌編輯材料取調書」が各地に残されている。作成時期は、いずれも明治十八年と、近世との時間的ずれを若干考慮しなければならないが、これも貴重な史料となる。これには『高根沢町史 資料集(別冊)』が役立つ。
 以下、これらによって、近世高根沢の村々を概観することにしよう。
 
2表 近世高根沢村々の石高推移
No.村名慶安郷帳元禄郷帳天保郷帳
(1648年)(1701年)(1834年)
1中阿久津村434.605515.058520.803
2宝積寺村647.931797.19826.553
3大谷村464.436738.539763.2425
4石末村296.27486.7345582.713
5赤堀新田-213.104216.618
6上高根沢村1,019.2871,346.2441,432.5852
7栗ヶ島村384.523581.338605.032
8寺渡戸村84.632188.4955218.04
9西高谷村58.967149.0505154.0475
10前高谷村418.05554.8115560.061
11関俣村447.577624.9285639.9048
12平田村422.548655.9455699.372
13太田村358.986441.8535462.736
14桑窪村217.939576.438585.012
15亀梨村233.61240.981243.469
16上柏崎村151.32201.528254.0658
17中柏崎村150.169.963169.963
18下柏崎村150.151.4773183.1105
19土室村210.74286.301292.403
20文挟村4041.157101.4405
21伏久村---
6,191.4218,961.13789,511.1718