高根沢町図書館/高根沢町史ほか

高根沢町史 通史編Ⅰ

第二編 原始古代

第二章 縄文時代

第五節 縄文人の精神生活

三 精神生活の道具


51図 北高根沢中学校所蔵の土製有孔円板

 町史編さん事業の遺物の調査で平成六年に北高根沢中学校を訪れた。数箱のダンボール箱の中に縄文土器の破片や石器が、ほこりにまみれて収納されていた。喜連川丘陵の台新田地区や上高根沢の西根遺跡などで採集されたものだそうだが、採集地などが書かれたものはほとんどなかった。その中に、直径一〇センチ、中央に直径一センチの円孔が穿たれた手焼き煎餠ほどのほぼ完形の円板状の土製品があった。土製有孔円板と呼ばれているものである。ほこりまみれでその時は判らなかったが、洗ってみると中央の円孔の周りに二個一対の小孔が穿たれていた。文様はなく、指による整形痕が残っていた。焼成はあまく、器面の半分は黒斑がみられる。
 このような遺物は、千葉県西広貝塚で六一個出土しているのをはじめ東関東を中心とした関東地方の晩期前半の遺跡からの出土例が多い。本県でも小川町三輪仲町遺跡や氏家町勝山遺跡で完形品が出土しており、勝山遺跡のものは晩期中頃の配石遺構から出土しており、呪術や祭祀的な性格をもつ土製品と考えられている。本品もこの時期のものと考えると、本町ではこの時期の遺跡は東谷津遺跡しかなく、ここで採集された可能性が高い。縄文時代後晩期は奇妙な形で用途が明確にできない遺物が多い。この土製有孔円板もそのひとつで、これまで紡錘車・蓋・土錘などの説が唱えられているが、いずれも説得力に欠ける。形態的には、弥生時代以降、糸を紡ぐ時に回転によって糸に縒りをかける紡錘車に似ている。しかし、関東地方の縄文晩期前半にほとんど限られることや、縄文晩期という時期に紡績が行われていたかなどの問題を解決しなければならない。
 ただ、指紋の判る指による整形痕は、指紋鑑定をすれば縄文時代の製作者が割り出され、何に使ったか証言が得られそうで、何か親しみが感じられる遺物である。
 
参考・引用文献
赤沢 威・南川雅男 一九八九「炭素・窒素同位体に基づく古代人の食生活復元」『新しい研究法は考古学に何をもたらしたか』 クバプロ
新井司郎 一九八三 『縄文土器の技術』中央公論美術出版
岩手県立博物館 一九九三『じょうもん発信』
上野修一 一九八八「那珂川流域の魚網錘」『季刊考古学』第25号 雄山閣
海老原郁雄・中村紀男 一九八一 「縄文時代」『栃木県史』通史編1栃木県史編さん委員会
海老原郁雄 一九八六『梨木平遺跡―第1次~第4次発掘調査の総括―』上河内村教育委員会
海老原郁雄 一九八六「縄文中期・袋状土坑の一検討―高根沢町上の原遺跡検出例を中心として―」『唐澤考古』第6号 唐 澤考古会
遠藤正夫 一九八九「第Ⅴ章 分析と考察 縄文第2号竪穴住居跡にみられるテラスについて」『弥次郎窪遺跡』青森県教育委員会
岡田康博・NHK青森放送局(編) 一九九七『縄文都市を掘る―三内丸山から原日本がみえる―』NHK出版
岡本 勇 一九七五「原始社会の生産と呪術」『岩波講座 日本歴史一 原始および古代1』岩波書店
加藤晋平・小林達雄・藤本 強(編) 一九八二~一九八四『縄文文化の研究』全一〇巻雄山閣
学習研究社 一九九六『古代史発見シリーズ② くつがえされた縄文の常識 謎の東北王国・三内丸山』
北日本新聞社 一九九七『小矢部 桜町遺跡』
小林達雄(編) 一九八八『古代史復元3 縄文人の道具』講談社
小林達雄(編) 一九八八『縄文土器大観』全五巻小学館
小林達雄 一九九六『縄文人の世界』朝日新聞社
小山修三 一九八八「縄文文化の成熟と植物栽培の意味」『畑作文化の誕生』日本放送出版協会
佐々木高明 一九九一 『日本の歴史』① 日本史誕生』集英社
佐原 真 一九八七『大系日本の歴史1 日本人の誕生』小学館
鈴木公雄(編) 一九八八『古代史復元2 縄文人の生活と文化』講談社
鈴木 実 一九八五「縄文時代の袋状土坑―槻沢遺跡の事例を中心として―」『西那須野町郷土資料館紀要』第二号 西那須野町郷土資料館
戸沢充則(編) 一九八五『季刊考古学第12号 縄文時代のものと文化の交流』雄山閣
戸沢充則(編) 一九九四『縄文時代研究事典』東京堂出版
栃木県立なす風土記の丘資料館 一九九五『栃木県立なす風土記の丘資料館第3回企画展 豊かな恵みの中で―なすの縄文人―』栃木県教育委員会
栃木県立博物館 一九八四『第7回企画展 はなひらく縄文文化』
栃木県立博物館 一九八八『第23回企画展 祈りの原像―縄文のまつりと道具―』
永瀬福男 一九八一 「秋田県内におけるフラスコ状ピットについて」『秋田地方史論集』半田教授退官記念会
林 謙作 一九九七「縄紋社会の資源利用・土地利用―「縄文都市論]批判―」『考古学研究』第44巻第3号 考古学研究会
春成秀爾 一九八一「縄文社会論」『縄文文化の研究』第8巻 雄山閣
福島県立博物館 一九九七『きかくてん 縄文たんけん』
ミュージアム氏家 一九九四『きらめく縄文土器―北関東地域性のあけぼの期―』
山梨県立考古博物館 一九八四『縄文時代の酒造具―有孔鍔付土器展―』
渡辺 誠 一九七六『縄文時代の植物食』雄山閣