高根沢町図書館/高根沢町史ほか

高根沢町史 通史編Ⅰ

第二編 原始古代

第二章 縄文時代

第二節 縄文人の生業

五 縄文土器の変遷

 高根沢町歴史民俗資料館に寄贈されていた上柏崎の卵塔山遺跡出土の土器は、町史編さんの際に確認された資料で、接合の結果、胴部下半はないものの一個体に復原できた。口縁部には円孔と二個の盲孔(貫通しない穴)からなる三単位の低い山形突起を配し、突起下の胴部には三本の平行沈線を垂下させ、二本の沈線を弧状に施すという文様構成をとる。これらの特徴から、この土器は縄文時代後期前半の北関東地方の堀之内1式土器であり、東北南部の綱取Ⅱ式の影響を強く受けている。
 今回の町史編さんの事業で知りえた縄文土器では実測図のとれる数少ない資料であり、さっそく実測図と展開図をとった。最も残りの良い部分の突起を中心として図を描いた実測図では判らないが、展開図をみると同じ文様が三個展開するはずなのに、出来上がった図面には、後ろの胴部文様の弧状沈線が一本のものがあった。実測した人の書き忘れかと思い、沈線を書きたそうと土器を観察すると、土器には沈線がなく、この土器の製作者である今から三,八〇〇年ほど前の縄文人の書き忘れであったことが分った。
 縄文土器の多くは口縁部・頸部・胴部と文様を画し、それぞれの文様帯には流れるような優美な文様や幾何学的な文様などの同じ文様が何回か繰り返し描かれるものが多い。そして縄文土器の研究者は、土器の形、文様や技法の小さな変化も見逃さず緻密な研究を積み重ね、世界的にみても類稀な精緻な土器の編年を完成させた。これらの細かな文様を忠実に描く縄文人は、さぞや几帳面で気難しい人が多かったであろうと想像してしまう。しかし、縄文土器をよく観察すると、縄文人が土器に何回か同じ文様を割りつけ描いていくうちに、文様の一部を描き忘れたり、割りつけの失敗に気づいても、最初から文様を描きなおすことなく「まあいいか」、と似たような文様でごまかした土器も少なくない。このような土器を見るにつけ、縄文人の中にも、細かなところを気にしない、おおらかな一面をかいま見たような気がする。

22図 線を描き忘れた土器(上・卵塔山遺跡)と文様の割り付けに失敗した土器(下・茂木町塙平遺跡)