高根沢町図書館/高根沢町史ほか

高根沢町史 通史編Ⅰ

第一編 自然

第一章 高根沢町の自然

第二節 地質

二 関東ローム層

(四)根本ローム層

 このローム層は喜連川丘陵の地域にのみ見られ、地層の厚さ約一〇メートルの粘土化の進んだローム層である。地層の堆積順序などから宇都宮丘陵の戸祭ローム層に対比されるものと考えられる。
 最上部のロームの部分には風化の進んだ黒色帯があり、亀裂が発達している。
 中間部には厚さ六〇センチと二メートルの二枚の黒色帯があり、粘土化が進んでいる。この黒色帯を乾燥させると、表面に白色の粘土鉱物が付着するのが見られる。
 下部のローム層はいっそう粘土化が進んでいるのが観察できる。