壬生町/地域史料デジタルアーカイブ

しもつけのはにわ人たち

企画展開催にあたり

 本町、町制施行100周年の記念事業の一環としての資料館第3回企画展「しもつけのはにわ人たち」は、人物埴輪を通して古代しもつけの栄光を探るとともに文化財保護への関心をいささかなりとも高めていきたいとの願いが込められています。
 本企画展は県内初の試みであって、栃木のはにわ文化特に形象埴輪の大きな流れをその構成から皆様に感じとっていただければと苦心されております。
 国指定5基、県指定3基、群集墳200余基の古墳を有する本町は、はにわ文化を誇り、本県出土の人物埴輪の造形美は全国に際立ち、特に60年振りの還暦里帰りの当町安塚出土「東京国立博物館所蔵の人物埴輪」は、画期的なことで圧巻と言えるものです。
 最後に、御協力くださった所蔵者、並びに関係者各位に厚くお礼申し上げます。
 
  平成元年10月
 
壬生町教育委員会教育長
榎本和平