守谷中央図書館/わたしたちの守谷市

『改訂増補 守谷志』

神祠佛寺

三、廢祠廢寺

 天台宗で愛宕權現の別當寺であつた。開發は天正以前といふだけで審かでない。開山は行藏院行藏坊といふ、寬文十五年に改めて正善院と稱し、羽黑別當寶善院より、北相馬郡錫杖頭の寺格を附與されて、江戸金剛院の配下となつた。境内は愛宕社地と合せて、東西六十六間、南北二百五十間、本尊には阿彌陀佛を安置し、本堂は堅六間横五間といふ建物であつたが、慶應四年正月二十八日に自火を以て燒失し、そのまゝ廢寺となつた。