常総市/デジタルミュージアム

石下町史

第三編 近世

第五章 庶民の生活

第四節 晴(ハレ)の生活

毎年定まった暦日に行なわれる行事が年中行事と称されるものであるが、盆と正月、鎮守の祭礼をはじめ各種の行事が行なわれてきた。近世期迄使用されていた暦は、一般に旧暦といわれる太陰太陽暦で、今日使用されている太陽暦とはほぼ一か月のずれがあり、太陽暦の二月初めが、ほぼ旧暦の正月に当っていた。