常総市/デジタルミュージアム

石下町史

第二編 中世

第四章 戦国の争乱と豊田氏の滅亡

第四節 豊田氏の系図と伝承

磯原(現北茨城市)に豊田氏が拠点としたという城跡がある。この豊田氏は、政幹(将基)の子の政綱が多賀郡に住したことにはじまったとされている。のちに、大塚(現北茨城市)に土着したと伝えられているが、詳しいことは不明である。また、一族の中には佐竹氏の秋田移封にともなって、同地へ赴いた者もあったと伝えられている。