常総市/デジタルミュージアム

石下町史

第一編 原始・古代

第三章 弥生時代

第二節 弥生時代の生活

茨城県内における弥生時代遺跡の分布やその性格は十分に把握されていないが、近年の大規模な調査によって、かなりの遺跡の存在が明らかになってきた。遺跡は、湖や河川の流域の台地縁辺部に多くみられるが、時期・地域によってその立地や性格を若干異にしている。これは、農耕社会の発展段階や農耕基盤の相違を反映してのことと考えられる。
 県南西部における弥生時代の遺跡は他の地域と比べ発見例が少なく、分布やその性格は不明な点が多い。町域においても弥生式土器を出土する遺跡は、二か所が知られているだけで、遺跡の規模や性格についてはほとんど明らかでない。