常総市/デジタルミュージアム

水海道市史 上/下

水海道市史 上巻

第二編 原始・古代の水海道地方

第三章 遺跡各説

 水海道市坂手町萱場地内の旧小谷沼に面する台端に位置する縄文時代中期ごろの地点貝塚と考えられる。未調査のため遺跡の性格や範囲等について不明の点が多いが、ただ、周辺地域から古墳時代の甑形土器や碗形土器が出土していることから、あるいは、縄文及び古墳時代の複合遺跡とも判断され、旧小谷沼に面する台地一帯に、恵まれた立地条件に支えられた集落址の存在が想定される。
 なお、当該地の西方に位置する市立絹西小学校において、昭和三八年のころ、グランド整備の作業中に箱式石棺を発見しているが、この際に石棺の隣接地から多量の貝類が出土している。