水戸市立図書館/デジタルアーカイブ

水戸百年

水戸百年

水戸TODAY

 写真は市域北部にあたり、那珂町と境を接する部分である。那珂川を千歳橋で渡り那珂台地へ通じているのは国道一一八号、右下は国道三四九号とJR水郡線である。
 左下隈には茨城大学附属中学校。右上の那珂台地には、水戸農業高等学校・那珂高等学校・那珂町立五台小学校・茨城女子短期大学や製菓工場などが見える。
 那珂川べり一帯の低地はしばしば水害に遭っており、現在、千歳橋下流部は堤防工事が進行中である。河川敷は、随所で市民運動場としても利用されている。またこの一帯は、稲作とともに、肥よくな土壌を利用したネギ・キャベツなどの野菜生産農家が多い。低地と右上の台地が接するあたりには、大宮町で取水し那珂湊市まで続く小場江用水が流れており、那珂川沿岸の約千百ヘクタールに農業用水を供給している。