水戸市立図書館/デジタルアーカイブ

水戸百年

水戸百年

水戸TODAY

 写真は市域東部にあたり、勝田市と境を接する部分である。右方、那珂川に架かる水戸大橋を渡り南北に縦貫しているのは国道六号、中ほどから左へ分岐し水府橋を渡るのは旧国道六号。左上方に見えるのは国道三四九号で、平行して右側を走っているのはJR水郡線である。中央、水田を横切り那珂川に流れ込んでいるのは早戸川で、右上の台地沿いには小場江用水が流れている。
 水戸大橋の左方には、江戸時代岩城相馬街道の渡しがあった所に架かる寿橋があり、今でもわずかに往時をしのばせる。水府橋の右上方には市民プール・市民体育館・茨城職業訓練短期大学校など、下方には第二中学校・茨城大学附属小学校・水戸第三高等学校などが見える。
 水郡線沿いに見える白い大きな建物は市公設地方卸売市場である。