水戸市立図書館/デジタルアーカイブ

水戸百年

水戸百年

水戸TODAY

 写真は市域南西端にあたり、内原町・茨城町と境を接する平たんな農業地域である。
 右上部を斜めに横切っているのは国道五〇号バイパスで、バイパスと交差し左端へ斜めに走っているのは主要地方道水戸岩間線(岩間街道)。岩間街道右端近くに見えるのは河和田小学校。道路沿いの白い建物は倉庫会社の建物で、その西側にはゴルフ練習場が見える。これらの中間で曲がり、右端中央へと真っすぐに伸びるのは、東茨城台地の畑地へ水を供給する渡里用水である。
 岩間街道とほぼ平行して下端へ通じているのは県道小岩戸水戸線。沿道には生コン工場や紙問屋の倉庫・グラウンドなどがある。右下方、だ円形の建物は昭和六十二年にオープンした市立競技場で、その下にはゴルフ場と農業用ハウス、右端には小吹清掃工場とその余熱を利用した温水プールなどが見える。