水戸市立図書館/デジタルアーカイブ

水戸百年

水戸百年

水戸TODAY

 写真は市域南西部にあたり、市街地に近いため宅地化の進みつつある所である。中央を東西に走っているのは国道五〇号バイパスで、上方を蛇行して流れているのは桜川。バイパス沿い、野球場が見える一角は昭和五十五年にオープンした見川総合運動公園で、道路南側には水戸桜ノ牧高等学校がある。右中央に見えるグラウンドは、北から、水戸短期大学と同付属水戸高等学校、緑岡中学校、緑岡小学校の校庭で、その西側には緑岡団地とときわ台団地が広がっている。桜川を隔てて見える白い建物は見川クリーンセンター。上部中央には桜川団地と桜川西団地、市総合福祉作業施設が見える。
 左下方の一帯は江戸時代に牧がつくられ、明治時代以降に農業開発が進んだ所。しかし、昭和六十一年にバイパスが開通すると、商業の集積が盛んになり、大きな変ぼうを遂げようとしている。