水戸市立図書館/デジタルアーカイブ

水戸百年

水戸百年

水戸TODAY

 写真は市中心部に西側から隣接する地域にあたり、市内でもっとも宅地化の進んでいる部分である。中央を横断しているのが国道五〇号、平行して走るのはJR常磐線で、主要地方道水戸岩間線が下端を斜めに横切っている。右上に野球場・武道館・陸上競技場などをもつ堀原運動公園、さらに左方には斎場・市営アパート・堀原団地・第五中学校、下方に拘置所・堀原小学校などが見える。右中央に見えるのは常磐小学校。
 左上の水田の中を流れるのは沢渡川で、下方に石川中学校とのだはら団地、国道沿いに石川小学校が見える。右下方には見川小学校と見川中学校、その北側、常磐線寄りには常磐大学・同短期大学があり、西方、自動車学校に隣接して見えるのは梅が丘小学校である。常磐線が膨らんで見える所は赤塚駅で、南側に倉庫と工場群、その左下に赤塚中学校が見える。