水戸市立図書館/デジタルアーカイブ

「常磐公園攬勝図誌」刊本

常磐公園攬勝図誌

5     
原本で見る原本で見る

 
     例言
一偕楽園は往る天保己亥歳我水戸景山源公の闢
 かれたる囿園にして四時の風光山水の明媚悉く
 其勝況を盡す能はす此書に載する所は拾か一にして
 凡此地に来遊する衆客の多く耳目に觸るゝものを
 撰ひ出して其概畧をしるす
一卷中其勝景を図し併せて當時騒人の詩歌を題す
 るものは讀者をして坐なから其勝概を諳んしあるひ
 は看るに倦ざらむ事を要す
一此書其見聞する所に隨て或は図し或は記す又口碑に
 傳ふる處其正しきものを資り以て是を輯録すしか
 れとも其聞所同しからざるものあり今や之を訂すに
 
6     
原本で見る原本で見る

 
 遑まあらす恐らくは謬誤あらん看官夫之を恕せよ
一此書弟一卷は園中の概況をしるし弟二卷は楼上の一望
 中にある仙湖濱水の勝境を掲げ併せて苑中の故事
 を録す
一好文亭所藏の中に偕楽吟詠と題する冊子あり公之
 か序を綴り當時翰墨の士をしておの/\詩歌を記せし
 む爾来此園に来遊する騒人墨客かならす筆を請
 ふて其餘白に題するもの積て数百首にいたる今その
 勝れたるものを撰ひ此書の續編とす而していまだ
 稿を脱せす後日を待て梓行すべし
               編者誌