酒田市立図書館/光丘文庫デジタルアーカイブ

酒田市史年表

江戸時代

文化(1804~1817)

年号選択
 
元号年月日事項文キーワード
文化14年18171月3日伝馬町から出火し、23軒を焼失する。火事
2月光道が立谷沢砂金買上掛となる。
3月21日光道が諸士救済に関する意見書を上書する。(市史史料篇五)
9月光道が船場町から出町神明(現皇太神社)前に達する石段、通称神明坂を敷設し、市街と港湾との交通を便利にし、また丁持達の荷物運搬の便をはかる。
光道が酒田湊口銭取扱となる。
鐙谷惣右衛門が湊口銭取締方となる。(酒田港誌)
「三ヶ津分限諸国福帳」によれば本間家は西前頭十九枚目である。