弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

資料編1(考古編)

新編弘前市史 資料編1(考古編)

第1章 地形と地質

第2節 地質系統一覧

27.五所川原砂礫層Ⅶ)(ごしょがわらされきそう)

 小貫(1963)の命名による。五所川原市内のボーリングによって、海水準下40.5mより深所において確認されたものに基づいて命名された。岩相は、砂礫・砂・シルトから成るが、基底及び層序・層厚など不明である。津軽低地帯下においては低位海水準時の古岩木川の谷底を埋積した地層とされている。十三湖層に覆われる。