弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

資料編1(考古編)

新編弘前市史 資料編1(考古編)

第1章 地形と地質

第2節 地質系統一覧

12.大落前川層Ⅲ)(おおらくまえかわそう)

 小高ほか(1969)の命名による。模式地は、碇ヶ関村大落前川上流域。模式地及びその北東の山地、大鰐町三軒新田の西方に分布する。岩相は、ネバダ岩*31を主体としこれにその火砕岩を挟む。これらは、一般に堅硬緻密で異質礫を含まない。層厚は150~300m。
 備考:村岡・長谷(1990)の尾開山凝灰岩の一部に相当する。