弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

資料編1(考古編)

新編弘前市史 資料編1(考古編)

[序]

例言

1.本編は、弘前市に関する自然・原始・古代・中世の資(史)料を収録した。

2.本編の構成は自然を含む「考古編」と「古代・中世編」の2冊からなる。

3.「考古編」は解説・遺跡・遺物集成・図版により編成され、解説は青森県の各時代について概観し、遺跡は弘前市内のみに限定した。なお遺物集成は掲載資料の範囲を津軽全体にまで広げたものもある。

4.遺物の図版は縮尺が統一されていない。また、但し書きのない図版は調査報告書からの転載である。

5.所蔵機関および所蔵者名のない遺物は、弘前市教育委員会の所蔵または所管品である。

6.資料提供者については一覧表にし、巻末に記している。

7.本文中の人名については、敬称を省略した。

8.本編の執筆分担は、次のとおりである。

第1章 山口義伸、鎌田耕太郎、古川克彦
第2章 村越潔
第3章 三浦圭介
第4章 工藤清泰
第5章 村越潔、三浦圭介、工藤清泰