弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

通史編3(近世2)

新編弘前市史 通史編3(近世2)

第8章 藩政期の文化

第三節 宗教と信仰

二 寺院

(五)浄土真宗の寺院

浄龍寺(じょうりゅうじ)は、正保元年(一六四四)、善覚が創建した(資料近世2No.四〇九)。『新撰陸奥国誌』によると、善覚は越前国(現福井県)敦賀の出身で、正保元年にこの地に至り、慶安元年(一六四八)に一寺を創建したという。