弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

通史編3(近世2)

新編弘前市史 通史編3(近世2)

第8章 藩政期の文化

第三節 宗教と信仰

二 寺院

(五)浄土真宗の寺院

専徳寺(せんとくじ)は、天文元年(一五三二)、一町田村(現中津軽郡岩木町)に誓円が創建した(同前No.四〇九)。正徳元年(一七一一)の「寺社領分限帳」によれば、慶長七年(一六〇二)、一町田村より元寺町へ移り、それから新寺町へ移ったとする。『新撰陸奥国誌』によると、誓円は九州菊池氏の一族で、本願寺蓮如の弟子となり、為信の帰依によって一町田村に寺院を建立した時、真教寺と本末関係を争ったとし、「浄土真宗一派縁起」(同前No.四〇九)がこれを寛永九年(一六三二)とするのと違いをみせている。