弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

通史編2(近世1)

新編弘前市史 通史編2(近世1)

第4章 幕藩体制の動揺と民衆

第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政

四 農村復興と国産奨励

(二)国産の奨励

文政七年(一八二四)一月の「御国産品書上」(国史津)では、藩の国産品として次のような品々が紹介されている。椀・線香・𨫤(きせる)・墨・瀬物焼・紅粉・紙類・硯・紺屋灰・石灰・菜種・・銀鉛とあり、これらの品々のうちの多くが城下周辺で作られる工芸品で、第一次産品は・菜種程度である。前三者は近年生産が盛んになってきたので、他領からの移入を停止したとあり、残りの品々はすでに移入の禁止策がとられている。このように比較的小規模な産品でも「国益」になるのであれば増産策がとられた。たとえば「狗背(ぜんまい)」のようなものも、秋田から南部へ販売した犬革が四、五〇〇〇両になると聞いて、津軽でも狗背を仕入れ製造販売すれば「一方の御国産に相成、御益筋少なからず」と文化八年(一八一一)に郡奉行が具申している(資料近世2No.九三)。犬革の防寒具は寒冷地である津軽では必需品で、蝦夷地警備の藩士にも多く使用されたらしい。
 他の産品で比較的、政策的な流れがわかるのが養蚕で、その経緯もと共通するものがある。養蚕は元禄期に京都の野本道玄を招いて本格的に導入された産業である。養蚕の中心地である北関東・南東北に比べれば低調で十八世紀には衰微したが、十九世紀に入り再び奨励策が出された。養蚕取扱方になったのは御用商人武田甚左衛門(後の金木屋)で、彼は文政六年(一八二三)から養蚕の盛んな秋田領や伊達領梁川(やながわ)に赴いて教師を招き、さらに領内各地を回って指導に努めたので、文政十二年には養蚕秋田並みに盛んになったとして藩主から報奨を受けている(「国日記」文政十二年十二月二十一日条)。甚左衛門はさらに機織座(はたおりざ)を弘前城下に経営、糸取りの女二〇〇人を雇い、領内では初めての龍紋縮緬も生産されるようになったという。しかし、この養蚕も天保の飢饉で廃絶した。再び復活するのは開港によって輸出品としての生糸の需要が増えた幕末期で、文久元年(一八六一)に藩は改めて養蚕奨励の触書を出し、養蚕・桑の仕立ての希望者を募り、桑の木の保護を行っている(国日記)。この際甚左衛門の二代後になる熊七が養蚕方御用達に再び任じられている。

図171.武田甚左衛門に関する国日記記事
目録を見る 精細画像で見る

 ほかの産業で十九世紀に盛んになったのは製陶で、伊万里焼の技術を学んだ大沢焼藩主津軽寧親の命で文化七年(一八一〇)から始まった下川原(したかわら)焼、肥前から陶工を招いた悪(あくど)焼など九州の技術を導入した製陶が行われるようになる。悪戸焼松前秋田方面にも移出され、藩は嘉永三年(一八五〇)に至り、他領からの陶器の移入を禁止している。逆にこの時期、馬産のごとく天保十年(一八三九)に経費節減のため藩営牧場五ヵ所が廃止になるという例もあった。南部領では馬は重要な国産品であったが、津軽領では産業としての馬産はふるわなかった。
 津軽領国産品奨励策は以上のようにを除くと個別的・単発的なものが多く、藩政改革期においても年貢収入を補い、直接財政再建に寄与したという傾向はうかがえない。