弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

通史編2(近世1)

新編弘前市史 通史編2(近世1)

第4章 幕藩体制の動揺と民衆

第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政

四 農村復興と国産奨励

(二)国産の奨励

しかしながら現実の流れをみると、この奨励策は必ずしも藩当局の思惑どおり進まなかったようである。確かに表面上はの栽培本数は増加していたが、さまざまな矛盾が露呈していた。文化年間の漆守制採用後二〇年余を経た文政十一年(一八二八)には、漆守の栽培状況がとかく無精になり、規定の本数に達していない者が多いとして再調査が命じられている(南津軽郡浪岡町鎌田家文書)。さらに二五年が経過した嘉永五年(一八五二)十月二十七日の国日記記事では、漆山を勝手に杉林や畑に転換した例、まったく手入れをせず現在ではわずかしかが残っていない例、本数だけ満たしていればいいとして無理に苗木だけ植えつけている例、畑が書面上だけになり地元でもわからなくなった例、また漆山といっても名目だけでが一本もない例など、さまざまな実情を紹介し、下々では漆栽培は利益になるどころか迷惑に考えていると総括している。さらに漆守のうち、まじめに栽培に取り組んでいるのはわずか五~七人のみ、とまで極言している。
 このような漆栽培の低迷ぶりからは、豪農層にとってはは商品作物として利益をもたらすものではなく、負担でしかなかったことがうかがわれる。いくら「漆木家伝書」で啓蒙しても、は畑作物に比べて生育するのに時間がかかり、すぐには利益を上げられない。本郷村(現浪岡町)漆守鎌田家、舘村(現黒石市)漆守大平家の一年間の収支帳が残っていて、それぞれ三万本の規定本数を栽培しているが、実質的な樹液生産による年間の収入はそれぞれ一八〇匁・二一六匁で、金に直すと三~四両に過ぎず、ささやかなものであった。一般的に専売制のもとでは買い入れ価格が安く、たとえば実の価格は長らく一升(一・八リットル)当たり銀三分と規定されていて、弘化年間の西国市場の蝋相場の上昇には対応していなかった。そのため組織的な隠れ売買もあとをたたず、藩は弘化三年(一八四六)には、在方から不満が出ていた買い入れ価格を一升当たり四分(山の場合)に値上げせざるをえなかった(「国日記」弘化三年七月十四日条)。

図169.漆木家伝書
目録を見る 精細画像で見る


図170.仕立絵図

 その一方で漆守の経済的特権の御免引は、藩財政の悪化とともに天保以来「借上(かりあげ)」という形で実質的に削減されていた。これに天保の飢饉が拍車をかけ、多くのが顧みられることなく枯死してしまったのである。役得があるとすれば、世襲の財産としての所有を認めたために、漆山も自分の財産同様に扱えることで、そのため以外のものを植えたり、勝手に山を売却したりする不埒な漆守が生じることともなった。さらに世代が代われば栽培意欲が減退するという現象も生んだ。
 一方、藩が目標とした他領へのの販売も順調に行かなかった。西国ではに代わって安価な櫨蝋(はぜろう)の需要が増しており、会津藩米沢藩といった古くからを特産としていた諸藩でも苦戦を強いられていた。
 ましてや中央の市場にも遠く、新規参入に等しい津軽弘前藩は販路を拡大するのが難しかった。よって、領内のの買い入れ価格が安いのも他領に販売するうえではやむをえなかったのであるが、嘉永二年にはついに領内用のも不足し、逆に他領からを購入しなければならないという事態になった(「国日記」)。
 以上のとおり、国産奨励策の中心を占めていたも十八世紀に比べれば生産力は増したが、負担増による農民層の潜在的抵抗や、市場参入力の不足により、商品として売り出すまでに至らなかったのが実情であった。