弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

通史編2(近世1)

新編弘前市史 通史編2(近世1)

第2章 幕藩体制の成立

第三節 高岡築城と城下町の成立

一 築城と都市高岡の形成

弘前城築城が着手されたのは慶長十五年(一六一〇)のことで、一月に領内に人夫の割り当てを行い、二月に幕府から検使兼松源左衛門正木藤右衛門が下向し検分をした。二月十五日に東海吉兵衛(とうかいきちべえ)が縄張りを行い、三月五日に斧立(おのた)ての式を行った。六月一日から城を築き始めた。普請(ふしん)奉行宮館文左衛門、竿(さお)奉行谷口仁兵衛が務め、丁場(ちょうば)(受け持ち区域)の割り振りと石垣の築き方は伊東六右衛門服部孫助が担当した、石垣用の石は長勝寺の南西、石森(現弘前市常盤坂付近)というところから切り出した。この年の六月風雨が強く、難儀をしたが、これは兼平(かねひら)(現岩木町兼平)から石を採ったためだという記録があり(資料近世1No.二八五)、石森以外に兼平からも採石したようである。また、石は大光寺・汗石(浅瀬石(あせいし))・和徳黒石などの古城からも運んだ。しかし弘前城石垣が組まれたのは本丸だけであった。木材碇ヶ関蔵館石川の山から伐採し、平川を利用して運んだという。大光寺城や大浦城の門も移築され、外北門(通称亀甲門)、内北門(通称賀田(よした)門、現存しない)になった。五層の天守閣・各櫓(やぐら)・門に必要な鉄物は大量に必要だったため、森山内蔵助(もりやまくらのすけ)に命じて、外浜(そとがはま)の小国(おぐに)・蟹田(現東津軽郡蟹田小国蟹田)において、南部領から鉄吹きの者三〇人を呼び寄せ鋳鉄をさせている。築城のため、大工などの職人も多数江戸やその他の地域から呼び寄せ、城は一年足らずの内にほとんど完成した。
 慶長十六年(一六一一)には城の築造がなったため、堀越より神社仏閣、大小諸武士の屋敷、職人商人の居宅が城下に移され、城の内部の二の丸三の丸西の郭(くるわ)・袰(ほろ)町に重臣上級武士屋敷割りが行われた(資料近世1No.二八三・二八四)。