弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

通史編2(近世1)

新編弘前市史 通史編2(近世1)

第1章 統一政権と北奥の動向

第四節 豊臣政権への軍役

一 伏見杉板の賦課

 天正十九年(一五九一)九月の九戸一揆鎮圧から間もない十二月、豊臣秀吉関白(かんぱく)職を甥の豊臣秀次(ひでつぐ)に譲り太閤(たいこう)と呼ばれることになった。秀次への関白職譲位は、この年の八月五日、愛児鶴松がわずか三歳で早世したことがその要因と考えられている。
 秀吉は、翌文禄元年(一五九二)早々に関白の政庁としての聚楽第(じゅらくだい)を秀次に譲り渡し、自らの隠居のための城普請(ふしん)をその年の八月から伏見(ふしみ)において開始した。これが伏見城である。