弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

通史編2(近世1)

新編弘前市史 通史編2(近世1)

第1章 統一政権と北奥の動向

第三節 九戸一揆と肥前名護屋への出陣

二 肥前名護屋での「日本之つき合」

 北奥の糠部郡において九戸一揆が鎮圧された直後の天正十九年(一五九一)十月、豊臣秀吉奥羽再仕置を終えてすでに奥羽から帰っていた浅野長吉を総奉行に任命し、肥前名護屋(ひぜんなごや)において築城工事の開始を命じた。この名護屋城を拠点として(みん)征服の準備が始められた。