弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

通史編2(近世1)

新編弘前市史 通史編2(近世1)

第1章 統一政権と北奥の動向

第二節 天正十八年の奥羽日の本仕置と北奥

三 鷹献上と鷹保護

天正十九年(一五九一)十月晦日と推定される豊臣秀吉朱印状(資料近世1No.四一)は、次のようなものであった。
儀、津軽右京亮被仰付差上候条、泊々宿並之餌入念自其所々可申付候也、
  十月晦日  (朱印)
秋田分領 八森、の志ろ、ふすへ沢、舟こし、、ゆりの内 あかうつ 仁かふ分領、ふるき、このうら、

景勝分領 ふくら、さか田、大浦、あつミ川、中つき、さる沢、岩舟、志たい浜、にいかた、竹のまち、とまり、いつも崎、かしハさき、はつ崎、付中、なたち、のう、いとひ川、あふミ、

越中内 とまり、三日市、うほつ、と山、中田、今ゆする木、かね沢、松任、小松、大正寺、

越前内 北庄、付中、今城、疋田、

江州内 かい津、大みそ、坂本、

 右の朱印状は、津軽為信が御津軽から上方へ献上するのに、その道筋に当たる日本海側の各主要な宿泊地において、餌(たかえさ)の給与と道中の賄いを援助せよ、というものである。同文書の包紙は、津軽右京亮宛になっているので、直接には為信へ宛てたものであろう。この文書を携帯して津軽からの鷹献上使が、日本海沿岸を上方を目指して南下したと推測される。道筋は羽州街道の一部、次いで北国街道が大部分を占め、本州北端から京都までの街道と各施設を確定し、各地に負担を負わせるものであった。
 このように鷹献上津軽から上方へ恒常的に行われることになり、沿道の各宿泊地並びに道路は鷹献上街道として位置づけられ、当然のごとく整備が図られたはずである。これは文禄元年(一五九二)の朝鮮侵略に際して、本州北端から九州の肥前名護屋へ、当該地域の大名が出陣するのを結果的に容易にする効果をもたらすことになったのではなかろうか。
 同様に夷島の蠣崎(かきざき)氏も鷹献上を下命され、文禄二年(一五九三)正月、豊臣政権から日本海沿岸の各大名に対して、松前から京都に至る鷹献上の道中に支障のないように指令が下された(『福山秘府』)。統一政権によって、夷島と津軽からの鷹献上のために、街道筋が整備されたのである。本州北端の津軽からの鷹献上に次いで、文禄期に入って松前から京都に至る鷹献上の下命がなされたことにより、統一政権による鷹献上システムがここに完成した。これは徳川政権にあっても引き継がれ、慶長九年(一六〇四)八月、徳川家康松前から京都に至る鷹献上に、沿道の各大名が宿泊と餌の給与の援助を与えるように命じた(資料近世1No.一九三)。交通路に利用された奥羽地方の各街道の領内では、人夫・伝馬(てんま)が頻繁に徴用されたのであった。

図7.鷹献上の道筋