弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

通史編2(近世1)

新編弘前市史 通史編2(近世1)

まえがき   近世専門部会長   長谷川成一 ………………… 2
凡例 ……………………………………………………………………… 4
目次 ……………………………………………………………………… 6
  第一章 統一政権と北奥の動向 ………………………………… 1
第一節 大浦氏統一政権への接触 ………………………………… 2
  一 関東・奥惣無事令北奥大名の動向 ……………………… 2
  二 異民族との接触 ……………………………………………… 10
第二節 天正十八年の奥羽日の本仕置と北奥 ……………………… 15
  一 検地人質徴収・城破り・刀狩り ………………………… 15
  二 領知安堵太閤蔵入地の設定 ……………………………… 25
  三 鷹献上鷹保護 ……………………………………………… 31
第三節 九戸一揆肥前名護屋への出陣 …………………………… 41
  一 九戸一揆と動員大名 ………………………………………… 41
  二 肥前名護屋での「日本之つき合」 ………………………… 54
  三 大浦から堀越への移転~西根から東根へ ………………… 70
第四節 豊臣政権への軍役 …………………………………………… 80
  一 伏見杉板の賦課 ……………………………………………… 80
  二 浅利騒動への加担 …………………………………………… 92
  三 北奥羽における領主支配 …………………………………… 104
  第二章 幕藩体制の成立 ………………………………………… 117
第一節 徳川政権津軽氏の動向 …………………………………… 118
  一 慶長五・六年の動乱津軽氏 ……………………………… 118
  二 江戸幕府からの軍役負担 …………………………………… 126
  三 対幕府・公家関係の展開 …………………………………… 139
第二節 藩体制の成立 ………………………………………………… 154
  一 初代・二代藩政の動向 ……………………………………… 154
  二 越後への転封問題 …………………………………………… 165
  三 初期新田開発の展開 ………………………………………… 175
第三節 高岡築城城下町の成立 …………………………………… 182
  一 築城と都市高岡の形成 ……………………………………… 182
  二 三代藩政の動向と家中騒動 ………………………………… 192
  三 家臣団の成立と知行宛行 …………………………………… 200
第四節 近世前期の商品流通と交通の整備 ………………………… 210
  一 青森開港と初期海運 ………………………………………… 210
  二 陸上交通網の整備と岩木川舟運 …………………………… 218
  第三章 幕藩体制の確立 ………………………………………… 229
第一節 確立期における藩政の動向 ………………………………… 230
  一 四代信政政治の動向と支配機の整備 …………………… 230
  二 越後高田領検地と領内統一検地 …………………………… 244
  三 寛文蝦夷蜂起への出兵 ……………………………………… 256
  四 元禄九年の家臣召し放ちと支配機の再編 ……………… 274
  五 殖産政策と文教政策 ………………………………………… 289
第二節 土地制度の確立と前期農政の展開 ………………………… 305
  一 明暦検地の意義 ……………………………………………… 305
  二 寛文~天和検地本百姓体制の確立 ……………………… 308
  三 貞享検地地方支配の確立 …………………………… 315
  四 元禄飢饉と農政の転換 ……………………………………… 322
第三節 西廻り海運上方市場 ……………………………………… 334
  一 西廻り海運の発展~北国海運から西廻り海運へ ………… 334
  二 十三廻しと領内商品流通 …………………………………… 342
第四節 信政以後の政治動向 ………………………………………… 349
  一 信寿・信著・信寧の三代藩政の動向 ……………………… 349
  二 「津軽一統志」の編纂 ……………………………………… 359
  三 農村造の変容~凶作飢饉 ……………………………… 370
第五節 弘前城下の発展 ……………………………………………… 381
  一 町方支配の再整備~町役負担の変遷 ………………… 381
  二 商品流通の発展と城下の変容 ……………………………… 389
  第四章 幕藩体制の動揺と民衆  ……………………………… 395
第一節 藩体制の動揺 ………………………………………………… 396
  一 宝暦・天期の飢饉と農村 ………………………………… 396
  二 商品経済の展開と藩財政の窮乏 …………………………… 427
  三 乳井貢の登用と宝暦改革 …………………………………… 445
第二節 対外危機と寛政改革 ………………………………………… 494
  一 海防問題の発生と蝦夷地出兵 ……………………………… 494
 二 寛政改革の実施 ………………………………………………… 505
第三節 蝦夷地警備と化政期の藩政 ………………………………… 563
 一 蝦夷地直轄下の警備と民衆 …………………………………… 563
 二 文化の高直り黒石藩の成立 ………………………………… 583
 三 蝦夷地引き揚げと沿岸警備 …………………………………… 591
 四 農村復興と国産奨励 …………………………………………… 608
 五 司法制度の整備と変遷 ………………………………………… 628
第四節 天保の飢饉藩政 …………………………………………… 657
 一 天保の飢饉と農村 ……………………………………………… 657
 二 藩財政の窮乏と流通統制 ……………………………………… 674
第五節 安政の開港と蝦夷地警備 …………………………………… 700
 一 開港と武備の充実 ……………………………………………… 700
 二 沿岸警備と蝦夷地警備 ………………………………………… 713