弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

通史編1(古代・中世)

新編弘前市史 通史編1(古代・中世)

第5章 中世後期

第三節 南北交易と「境界地域」津軽

一 十三湊と津軽

 津軽地域と他地域との交易を考えるとき、物資の窓口として十三湊(とさみなと)は特筆すべき存在である。津軽平野部を流れる岩木川(いわきがわ)をはじめ平川(ひらかわ)・浅瀬石川(あせいしがわ)・十川(とがわ)などの河川はすべて十三湖(じゅうさんこ)に流れ込み、これらの河川を利用した水運を想定するとき、十三の地はまさに津軽の喉仏(のどぼとけ)にあたる場所である。