弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

通史編1(古代・中世)

新編弘前市史 通史編1(古代・中世)

第5章 中世後期

第二節 室町・戦国期の津軽

一 「日の本将軍」安藤氏

 安藤氏に関する系図をひもといてみると、安藤氏が早くから「日下将軍」を称していたと伝えられる(史料一一五五)。しかし、実はこの呼称は室町時代から用いられたものであるという。
 永享八年(一四三六)四月、「奥州十三湊日之本将軍」安藤康季(やすすえ)が後花園天皇の勅命を受けて、前年三月に焼失した若狭国羽賀寺(はがじ)の再建に乗り出している(史料七八〇・七八一・写真160)。この康季が安藤氏では最初の「日の本将軍」である。

写真160 『本浄山羽賀寺縁起』