弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

通史編1(古代・中世)

新編弘前市史 通史編1(古代・中世)

第4章 中世前期

第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽

六 境界の地津軽と「東夷成敗」権、そして安藤氏

次に『秋田家系図』(写真126)についてみると、前述したように、長髓彦の兄安日から貞任の孫堯恒までは『藤崎系図』と同じ世系である。

写真126 秋田家系図

 堯恒の後は「此間五十余年、某名不詳故不記」とされ、次に貞秀を置き、「従貞秀以来、以安東太郎、為当家仮名」とし、その子堯秀(安東五郎)について「為平義時代官、守-東夷、住津軽」と注し、その後さらに「此間七十余年、某名不詳故不記」、次の愛秀(旧記云、自此時初住十三湊)を経て、堯勢を正和~元弘年中(一三一二~一三三四)の人として掲げている。さらにその孫の鹿季が秋田湊を伐って秋田湊家の元祖となったと記す。
 なお『秋田家系図』のなかに、南北朝初期の秋田安藤次郎まで触れた『安藤系図』の影響がみられないのは、『安藤系図』が阿倍氏系図に付会された、成立の新しいものであるか、秋田氏嫡流とは無縁のところで成立したものであったためであろうが、前述したようにその詳細は明らかではない。