弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

通史編1(古代・中世)

新編弘前市史 通史編1(古代・中世)

第4章 中世前期

第二節 鎌倉幕府の東夷成敗権と得宗領津軽

三 得宗領としての津軽

ただ糠部側は、比較的史料が希薄である。津軽・糠部の両方に足跡を残した工藤一族についても、残念ながらその出自(しゅつじ)ははっきりしない。後世の編纂物では、工藤祐経の子犬房丸祐長の子孫としているものがあるが、定かではない。あるいは奥州合戦の功によって陸奥国岩手郡を与えられた工藤行光の系統とも推測されている。また近年では、工藤氏が下野の小山、相模の三浦氏などと同様に五位の地方軍事貴族(藤原南家流)の後裔であることも指摘されていることに注目される。