弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

通史編1(自然・原始)

新編弘前市史 通史編1(自然・原始)

第2章 津軽の原始時代

第二節 旧石器時代

二 青森県の旧石器時代

昭和三十八年(一九五八)より弘前市教育委員会が実施した、岩木山麓の開拓事業に伴う事前の埋蔵文化財緊急発掘調査の一環として、翌年には岩木山東麓の大森勝山遺跡が調査され、大型の竪穴住居跡環状列石などとともに旧石器(三〇三頁図版、資1四五九頁・図6)を発見した。石器は珪質頁岩(けいしつけつがん)を原材としており、ナイフ・彫刻刀・削器・スクレパー(掻器(そうき))など一〇点の剥片(はくへん)石器である。調査中に周囲を丹念に調べたが、石器製作時に出るフレーク(剥片)やチップ(石屑)がみられぬため、狩猟時におけるキャンプ跡ではないかとも考えられている(11)。青森県は、他県などに比べて旧石器の発見は少ない。しかし旧石器時代から次の縄文時代へ結び付く、漸移(ざんい)期の遺構・遺物が発見され研究者の間で注目を集めている。その例を一~二紹介しよう。

弘前市大森勝山遺跡出土の旧石器(岡田康博実測)