弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

通史編1(自然・原始)

新編弘前市史 通史編1(自然・原始)

第1章 津軽の自然

第四節 平野の地下地質

四 地質構造

津軽平野西縁部の岩木山東縁断層(仮称)は、炭酸ナトリウム型泉質組成温泉および空中写真から判定したリニアメントから推定したN-S系断層である。東落ちで一〇〇メートル前後の変位が予想できる。断層の西側に大釈迦相当層が分布しないことから、大釈迦層の分布を規定する断層、あるいは岩木山の成因にかかわる断層とも考えられるが、現時点では不明な点が多く今後の研究による解明が待たれる。