弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

通史編1(自然・原始)

新編弘前市史 通史編1(自然・原始)

第1章 津軽の自然

第三節 津軽平野南部の地形発達

一 平野南縁の地形

浅瀬石川および平川流域内には砂を主体とする谷底平野が分布している。流域には河川に平行する土手が築造され、背後の谷底平野は水田として利用されている。
 浅瀬石川の、黒石市境松に位置するバイオ技術センター(約二八メートル)では、地表下約五五メートルまで暗青灰色の砂礫層堆積しているが、地表下七~一〇メートル付近に混じり粗砂層があって、上半部が軽石粒の混入が目立つ。粗砂層直下には有機物の混入する灰褐色シルト層(厚さ約一メートル)が堆積している。