弘前市立弘前図書館/おくゆかしき津軽の古典籍

通史編1(自然・原始)

新編弘前市史 通史編1(自然・原始)

新編 弘前市史 通史編1(自然・原始) 目次

 
刊行によせて   弘前市長          金澤隆 ……… 2
監修のことば   弘前大学名誉教授      乕尾俊哉 …… 4
発刊にあたって  新編弘前市史編集委員長   森山泰太郎 … 6
まえがき     自然・原始・古代・中世専門部会長 
                       村越潔 ……… 8
凡例 ……………………………………………………………………… 10
目次 ……………………………………………………………………… 12
第一章 津軽の自然 1
第一節 津軽平野地形区分 ………………………………………… 2
  一 弘前市の位置および外形 …………………………………… 2
  二 津軽平野地形区分 ………………………………………… 4
  三 津軽平野地形発達 ………………………………………… 10
第二節 岩木火山発達史 ……………………………………………… 16
  一 従来の研究 …………………………………………………… 16
  二 岩木火山の概観 ……………………………………………… 16
  三 地形分類 ……………………………………………………… 21
  四 岩木火山発達史 ……………………………………………… 30
第三節 津軽平野南部の地形発達 …………………………………… 51
  一 平野南縁の地形 ……………………………………………… 51
  二 弘前市街地地形 …………………………………………… 79
  三 津軽平野南部の地形発達 …………………………………… 101
第四節 平野の地下地質 ……………………………………………… 111
  一 平野の地下地質の評価法 …………………………………… 111
  二 浅部の地質 …………………………………………………… 121
  三 深部の地質 …………………………………………………… 128
  四 地質構造 ……………………………………………………… 143
第五節 山地と丘陵の生い立ち ……………………………………… 148
  一 海の時代の終焉と古いカルデラの活動 …………………… 155
  二 深い海に泥が堆積した時代 ………………………………… 171
  三 日本海の誕生と海底火山の活動 …………………………… 177
  四 酸性マグマの活動 …………………………………………… 183
  五 日本列島の土台ができた時代 ……………………………… 185
第六節 津軽地域の気候 ……………………………………………… 200
  一 青森県の地勢と気候 ………………………………………… 200
  二 津軽地域気候の要素別特性 ………………………………… 205
     (一)気温 …………………………………………………… 205
     (二)降水量 ………………………………………………… 211
     (三)雪 ……………………………………………………… 215
     (四)日照時間と日照率 …………………………………… 222
     (五)ヤマセと日照障害 …………………………………… 223
     (六)台風 …………………………………………………… 226
  三 気候の変動 …………………………………………………… 229
     (一)観測時代の気候変動 ………………………………… 229
     (二)藩政時代の気候変動 ………………………………… 234
  四 津軽の四季 …………………………………………………… 236
  五 津軽地方に被害を及ぼした地震と特徴 …………………… 240
第二章 津軽の原始時代 245
第一節 青森県考古学研究史 ……………………………………… 246
  一 はじめに ……………………………………………………… 246
  二 考古学研究の展開過程 ……………………………………… 247
  三 第Ⅰ期考古学研究の曙の時代 ……………………………… 248
  四 第Ⅱ期研究・鍛錬の時代 …………………………………… 252
  五 第Ⅲ期緊急発掘の時代 ……………………………………… 268
第二節 旧石器時代 …………………………………………………… 296
  一 人類の誕生と旧石器時代 …………………………………… 296
  二 青森県旧石器時代 ………………………………………… 301
第三節 縄文時代 ……………………………………………………… 308
  一 北方に広がる円筒土器文化 ………………………………… 308
  二 祭祀に特色を示す十腰内土器文化 ………………………… 326
  三 亀ヶ岡土器文化の発展 ……………………………………… 339
第四節 弥生時代 ……………………………………………………… 350
  一 遠賀川系土器の伝来 ………………………………………… 350
  二 稲作農耕の開始 ……………………………………………… 352
年表 359
津軽地方の気象特性と災害 …………………………………………… 360
  一 青森県の気象 ………………………………………………… 360
  二 津軽の四季と災害 …………………………………………… 361
  三 津軽地方災害年表 凡例 …………………………………… 365
  四 津軽地方災害年表 (古代~近世) ………………………… 366
  五 津軽地方災害年表 (近・現代) …………………………… 376
考古学史年表 …………………………………………………………… 392
 
◆協力機関および協力者一覧 ………………………………………… 422
◆「新編 弘前市史」編纂事業関係者名簿 ………………………… 424