北広島市/デジタル郷土資料

北広島遺産ハンドブック 歴史遺産

[4 西の里・北の里エリア]

4-3 北の里エリアの歴史

 北の里地区は、広島村の字上裏ノ沢・字下裏ノ沢が昭和10年に合併したことにより誕生します。
 裏の沢川は、千歳川の支流のひとつで、アイヌ語で「ホロ・ウン・ベツ(大きい・そこにある・川)」または「チ・エ・トイ・ウシ・ナイ(我々が・食べる・珪藻土の・沢山ある・川」と言われています。その他に通称の字名(あざめい)で、元夕張渡、官林下、五反歩、砂山などの地名があります。地名は地域の歴史を記録するものです。使われなくなった地名の由来を記録することは、地域の歴史を受け継ぐことにもなります。