北広島市/デジタル郷土資料

北広島遺産ハンドブック 歴史遺産

[4 西の里・北の里エリア]

4-1西の里エリアの歴史

 西の里は、広島村の字野幌・字下野幌が昭和10年に合併したことにより誕生します。「野幌」の名がついた地名は多く、札幌市厚別区内、江別市内にもあります。アイヌ語の「ヌプ・オル・オ・ペツ(野の中を流れる川)」が語源とされています。ヌプ・オル・オ・ペツと呼ばれていた川は、現在の「大曲川・野津幌川・厚別川」にあたり、その川沿いの各地で野幌の地名が使われたと考えられています。