北広島市/デジタル郷土資料

北広島遺産ハンドブック 自然遺産

1.北広島のなりたち石狩平野と野幌丘陵

 北広島市は、石狩平野の南部に位置する周囲52.5km、総面積119.05km2の都市です。市の東側には北海道最大の石狩川水系が流れる石狩平野(石狩低地帯)、半島状に突き出た野幌丘陵が拡がり、南西側は島松山(492.8m)を頂点とする山地があり様々な地形条件のある場所です。また、林野や公園に取り囲まれた住宅地が点在しており、そこには様々な生き物が生育しています。北広島は、札幌という大都市に隣接しながらも、多様な生き物を育む森林や緑が身近に存在する自然豊かな場所です。