釧路市中央図書館/永久保秀二郎関連資料

永久保秀二郎日誌 下巻

永久保秀二郎日誌

大正三年甲寅(日誌)

六 月

春来絶無快晴。風雅報六九。山本昨夜来談ハ、浜買入金ハ上田伊七所有宅地一千五百坪及八百九十坪ノ二口ヲ売切、担保七月十日限リ、幣舞橋付近ノ飴製造者鶴島吉松ナル者ヨリ二百四十円(百円借用ヲ幸作ニ依頼セリ)借リタル如ク表面記載セリ。因テ百円サヘ返金スレバ宅地ハ売戻スヘキ旨ノ証書ヲ取リ置キセンヤ。浜ハ元幸作トノ約束アレバ明日ニモ伊七所有権ニ登記ス可シト諭シタリ。午前九時頃授業最中熊太郎来過、【校】【喜三郎死。】太田喜三郎只今炭舟中遊戯、誤テ溺死セリ。警察署ヘ届ケ出可シト。宜布(ヨロシク)取計ヒ呉レト申シテ遣レリ。其レヨリ家人ニ彼レノ死尸ヲ訪ヒ慰問セリ。彼レ三年生ニシテ才力他ニ優テ居ルモ何分孤児ノ事トテ碌々衣食及学用品モ与ヘズ。故ニ余ハ可及的愛育セシ甲斐モナク死去セシハ、洵ニ遺憾ノ至リ暗涙紛々、噫。伊東公証人長ラク病臥ノ由、キヨ贈品ヲ携ヘ慰問セリ。板倉媼来談今月末迄延期ヲ乞フ。