釧路市中央図書館/永久保秀二郎関連資料

永久保秀二郎日誌 上巻

永久保秀二郎日誌

明治三十六年癸卯(山廬雑録)

一 月

旭日瞳々ト東天ニ上リ頗ル快晴、静穏後曇ル。暁起盥嗽、神ニ向ヒ謹テ天皇陛下御安泰、国家ノ富強ヨリ聖公会員及生徒等ノ全健発達又自家ノ無事を感謝且祈禱シテ雑煮餅ノ膳ニ就ケリ。此食膳中東京ナル野口君ヨリ支那詩箋三箱小包及田村、三本、柿田、櫛引四氏ヨリ賀年書郵到。釧路真砂町小島隈太郎氏礼服ニテ来訪、曰英国人男女小児七、八名来村セリ。之ニ土人踊ヲ観セシメントス。故ニ椅子ヲ二、三脚借用致シ度シト。諾。貸付セシカ時間切迫ノ為メ其意ヲ果サス去レリ。但シ英人ニろま字土語ノ本一冊贈レリ。岡村ヘ名刺青山老ヘ五律一年賀状、使三原。来賀人名勘次郎、順吉、藤太郎、キヤコ、孫太郎、マツ、久次郎、ナホ、三太郎、石太郎、市太郎、末吉、桃太郎、与五平、四郎吉、スケトマ、源治、佐吉、正太郎、源太郎、吉五郎、九郎、源三、亥之助、テイコ、タカ、ハツ、東一、テデ、藤作、三原。