函館市 函館市地域史料アーカイブ

南茅部町史 下

第一七編 漁村の生活 第二章 伝説 第一節 伝説 義経伝説 

磯谷川の上流に、鹿の狩場があった。アイヌのイソングルは鹿射ちの名人で、川の上流から鹿を追いおとして河口近くの峡谷で捕獲した。双見・岩戸の旧字名磯谷はアイヌ語の磯岩のおおい海浜の意ともいわれるが、鹿射ちの名人イソングルの名に因(ちな)んでイソヤ(磯谷)といったという。
                                 古老談 雲母辰蔵翁談・明治34生