函館市/函館市地域史料アーカイブ

南茅部町史 下

第一七編 漁村の生活

第二章 伝説

第一節 伝説

義経伝説

オキクルミの飯椀が安浦の海辺に流れついて岩になったというアイヌ伝説がある。安浦のむかしの地名は板木といい、アイヌ語の飯椀イタンキという地名に和人が漢字を当てはめたのである。
                                      「アイヌの神話」更科