函館市/函館市地域史料アーカイブ

南茅部町史 下

第一五編 宗教、教育、文化

第一章 宗教

第二節 寺院

称念寺寺号公称

 浄土宗称念寺の寺号公称にかかわる「浄土宗一寺創建願」の文書も、郷土の寺院創建の事情を伝える貴重な史料である。
 
 称念寺必須書
     浄土宗一寺創建願
   渡島茅部臼尻・熊尾札部右三ヶ村ニ本宗寺院無之菩提所函館称名寺迄ハ遠隔ノ地ニテ教示不容易殊ニ信徒モ多分ニ有之執葬等ノ節は従来称名寺末根田内村豊国寺ヘ依頼候得共何分嶮路遠隔ノ地ニテ風雨積雪ノ際ハ容易ニ通路難相成況ヤ函館ヘ八里程九里余ニテ啻ニ往復ノ日数ヲ費シ彼是困難不尠一同毎ニ慨歎罷在候処本宗皈仰ノ信徒日ニ月ニ増加シ現今殆ント百三戸ニ及ブ就テハ今回三ヶ村一統協議ノ上壱寺創建ノ事ニ決定セリ仍テ臼尻村支板木四番地ニ設立シ函館称名寺ヲ本寺ト定メ板木山称念寺ト公称相願