函館市 函館市地域史料アーカイブ

南茅部町史 下

第一三編 医療 第一章 医療 第一節 明治・大正の医療 

 明治二〇年、かねて申請中の臼尻地方公立病院の設置が許可となった。第二茅部病院といい、位置は字臼尻六八番地に定めた。
 初代医員には内田義久が命ぜられ、四月一〇日、鹿部村・臼尻村・尾札部村聯合の設立によって、開院式がおこなわれた。
  開設年月日     名称      所在地      明治一四・一〇上記を改称
明治一一・一〇・五開業 第一公立病院  函館豊川町    公立豊川病院
  一一・一一・   第二公立病院   山越郡山越内村  公立山越内病院
  一二・一 ・   第三公立病院   津軽郡福山村   公立福山病院
  一二・三 ・   第四公立病院   桧山郡江差村   公立江差病院
  一二・六 ・   第五公立病院   福島郡吉岡村   公立吉岡病院
  一二・一一・   第六公立病院   山越郡長万部村  公立長万部病院
  一三・四 ・   第七公立病院   亀田郡大野村   公立大野病院
  一三・      第八公立病院   島牧郡村    公立島牧病院
  一三・一〇・   第九公立病院   茅部郡森村    公立森病院
  一三・一二・   第一〇公立病院  久遠郡一艘澗村  公立久遠病院
  一四・二 ・   第一一公立病院  上磯郡上磯村   公立上磯病院
  一四・四 ・   第一二公立病院  上磯郡茂辺地村  公立茂辺地病院
  一四・一一・   公立寿都病院
  一四・一一・   公立歌棄病院
  一四・一二・   公立瀬棚病院
 歴代の医員は村岡守司、岩田広道、相沢良恂、平井浪江であった。
 海岸通りの陸路がまだ不便だったので、尾札部村や鹿部村からは、病人があると舟にのせて海路、澗に上陸して病院の診察治療をうけることが多かった。
 明治二六年に至って尾札部村は、この聯合病院の経営から分離している。遠隔ということでその利用と経費の負担がみあわないこと、また、来村する医師もあったことが分離の理由であったらしい。
 そして、翌二七年、鹿部村も聯合公立病院から分離したため、臼尻・熊村だけでは経営が困難になったので、明治二八年に第二茅部病院は廃止された。
 臼尻村は無医村となることをおそれ、村費をもって臼尻村に村医を招聘することをきめた。明治二九年、初代の村医として相沢良恂を迎えた。相沢は、この後永く臼尻村にあって医療活動をつづけ、のちに臼尻で開業医となり、牧場経営もはじめ、晩年、鹿部村に移り医業のかたわら亀の湯の開発にもあたった。

臼尻村立病院(昭和4年頃)中本家所蔵