函館市/函館市地域史料アーカイブ

南茅部町史 下

第八編 交通運輸

第二章 海上運輸

第三節 漁港

臼尻港

臼尻巌島神社の神社誌によれば、享保の頃、オサツベ場所知行主新井田金右衛門が箱館奉行所の在勤中、六箇場所巡行のためこの沖を砂原に向けて航行の途次、強風にあい臼尻の入江に船を寄せて危うく難を避けた。
 新井田金右衛門は海上航海の安全を神に謝してこの臼尻の小島に一つの石を祀り、村民も以後これに祈願をこめるようになったという。
 のち、村民こぞって安芸の宮島より巌島神社の神霊を勧請してこれを祀ったので、巌島神社の主神市杵姫命、弁天様をまつる島として弁天島の名で呼ばれてきたのである。