函館市 函館市地域史料アーカイブ

南茅部町史 下

第七編 産業 第二章 林業 第一節 郷土の森林 造林功労 

茅部臼尻村大字臼尻村字臼尻三番地
  天保二年十二月生る。小川幸吉等の植樹事業に做ひ明治十六年五月植林を企画し之を経営し、爾來住民の集合せる場合には必ず植樹の輕視すへからさるを説き、以て覚醒する所あらしむ。
  同人現今所有の植樹面積十八町歩にして杉、落葉松等十萬本なり。同人今や八十餘歳の高齢に達せしも、精励倦ます益々斯業の発達に努め居れり。